今だから言える・・・選挙のエピソード20   顔で笑って心で泣いての巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
今だから言える・・・選挙のエピソード20   顔で笑って心で泣いての巻


98765


顔で笑って心で泣いての巻

毎日新聞さんに載せて頂いた記事の中でusa
「初当選を喜び合った議員と数年後に再会し
「『さん』でなく『議員』と呼びたまえ」%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2
と突き放されたこともある。」とありますが、
今回はその記事にまつわる思い出についてお話ししたいと思います%82%AC%82%E5%82%A6%81%5B%81I



あれは,女子大生時代の本当に初めての選挙でした%83X%83J%83C%83%89%83C%83_%81%5B%91O%8A%FA%82uer.
何もかも初めてで毎日がドキドキ!
おまけにその頃、ブライダルの勉強をしていたのは当時私一人で
そのS候補が国会議員の秘書さんだったので
親分にあたる、代議士や議員先生方も沢山応援に入り
その度に学生の割には、こマシ%82%D2%82%E6%82%BF%82%E1%82%F1と言う理由だけで
ずっとマイクを持たされて、友人達もビビってしまい
必死で連呼していたのを思い出します%94%F2%82%D4%83n%81%5B%83g

その選挙はどちらかと言うとサークルの様なのりの事務所
当時カップルが3~4組出来たし(ちなみに3ヶ月で消滅しましたが私も1組デス%81%F4
選挙後もみんなで遊びに行ったり本当に選挙が楽しかったなぁ%82%C9%82%CF



今だから言えるけど・・・候補者も気さくで母上も優しくて
事務所のご飯は家庭料理で温かくてomame

だからこそ、はじめてでも頑張り抜けた%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2



候補者にある日、尋ねてみたんですよね!


私「候補者、私は上がり症なんですけどぉ、

どうすれば候補の様に人前でちゃんと

お話し出来る様になりますかぁ?」(女子大生口調)


S候補『あんちゃん、人が真剣に聞いていると

思うから上がるんだよ!

英語圏以外のネイティブが聞いていると思えば、

何をしゃべっていても相手は分かっちゃ居ない!

と自信を持って話せるだろう?!』


私『なぁるほどぉお!』


S候補、私「あっはっはっはっ」(爆)



などと、ユニークなアドバイスに笑いながら毎日を元気に戦ったowo


今じゃ,あの時、学生さんやお手伝いに来ていた二名は議員さんになり
みんなそれぞれの場で活躍してるけど・・・



私にはどうしても、腑に落ちないことがある%8B%83%82%AD



そのS候補は目出たく初陣を勝利で飾った%82%C9%82%C1%82%B1%82%E8
正直、めっちゃくちゃ、嬉しかったですよねぇ。。。



それから、歳月は流れ二度目のS候補の選挙が巡って来たんです。
わざわざ、打ち合わせにも近くまで来て下さって・・・
ところが、地元の議員さんと揉めていたみたいで
打ち合わせと言いながらずっとその話ばかり・・・
当然、悪口や愚痴ばかりですЦ



選挙に入って変わり果ててしまった、その候補に愕然としましたSHOCK


あの明るくて優しかった候補はもうどこにも居ませんでした。
優しいどころか、事務所のスタッフも候補者もこう言いました。



「もう議員なんだから、気安くSさんと呼ばずに

議員と呼びたまえ!」と・・・




私はその時、まだまだピュアだったのでかなりショックでした%83h%81%60%82%F1
正直、悔しくてその場で泣きそうでした。



だって、心から初当選を祝った同じ事務所の仲間だと
ずっと、そうなんだと、応援し続けるものだと
信じていたからです%83A%83%93%83p%83%93%83%7D%83%93
当時から負けず嫌いで泣かなかったけど、20代半ばで人間の嫌な部分を
目の前に叩き付けられた様な気持ちでした。



その後、そのS候補は一度っきりの当選で何度か立候補しましたが
二度と当選はしませんでした。




政治の世界はそれほど、いばらの道、獣道なのでしょう。



だけど何も、そんな議員さんばかりではありません%83h%83%89%82%A6%82%E0%82%F1
荒波をいくつも超えて・・・
今では15年以上、ずっと使って頂いている先生や
本当に人情と言う物を知った、心を教わった 
常に庶民の輪の中にとけ込んで、その声を直接聞くことが出来る
そんな真の議員さんも大勢、拝見しています。
そうした人生の先輩方にお会いする度に最敬礼
自分の仕事にも誇りを持って尽くすことが出来るんです。



いい人生勉強させて頂いてるなぁと%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2





この仕事の醍醐味も同時によく分かる様になりました。



でも、でも、、、”議員”とついただけで
変わってしまう人も多いのが現実%81%AB
敬称で上司を呼ぶのと同じ様に、呼ぶのは理解が出来ても
呼ばなければいけないと言われると途端に意味が違ってきませんか?

議員らしく と言う事。

そうでなくちゃいけない部分とそれでは本末転倒な部分が
二極共存しても成立するのは、稀に見る強運の議員さんだけで
やっぱり普通は,当選して変わってしまう様な人は
長続きしないし・・・
有権者がついて行けないんですよね%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2




『さん』でなく『議員』と呼びたまえ!



この言葉を選挙中に、今でもよく思い出します。
人間は よくも悪くも変わるもの
自分だって そうかもしれない
でもせめて こんな風には絶対に私はならないと
その時から心に誓ったのです。




私はまだまだ若輩ですでも、一つだけ本当に思っている事を
ここに書きたいと思います。
生意気かもしれませんが、皆さんはどう思いますか?






一人一人の大切な一票は

議員に当選させる為に では無くて

私の幸せを この一票に変えて

握手をした あなたならきっと

みんなの幸せの為に 頑張ってくれると

そう思って託す、心じゃ無いんですか?





いつか、答えは出るんでしょうか?
それとも永遠に この問いかけをしながら
仕事に誠実に向き合って行くしか無いのでしょうか?






顔で笑って心で泣いて






でも、本当に言葉で街を笑顔に出来る
この仕事が私は大好きです
いい思い出も反面教師でも
やっぱり、
私も皆さんのおかげで今、在るんですよね%8A%B4%8E%D3












ちょっと、今日は・・・マジで語ってみました・・・






このブログの前のあなた&キミ!%8F%97%82%CC%8Eq%82%C9%82%B1%82%E8












ちょっと、私に惚れたぁあ~っ?%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2


俺ってワルだろ・・・こらー \(`o'゛;) %82%D9%82%C1
関連記事
スポンサーサイト
Category: うぐいす嬢
Published on: Sat,  08 2007 11:09
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/14 (Tue) 10:14 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。