ブライダル司会 幸慶美智子の基本的な考え方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
20050322053352s.jpg

ようこそ!幸慶美智子のページへ

ブライダル司会について、これまで司会進行の中で考えて来た事について
お話しします。

初めてブライダルの司会をしたのは、22才の時。
まだ、社会経験も少なく大人の中に入ってひざは震えるばかりでした。
学生時代にアルバイトで始めた司会が
何故かどうしてもやりたくて、そのまま職業になってしまいました。
当時は、司会者らしく?!などと、現在とは少し違って背伸びをしていた様な?それでも、リピーターが1つの御披露宴から4組、5組、、、と増えて行ったのは、お二人を思う気持ちが素直に届いていたからかもしれません。
現在はお仕事の中で私がブライダルをチョイスすることは本当言うと余りありません。イベントやパーティ、式典の司会、選挙など対象が大勢?!な物が殆どです。何故かと言うと、ブライダルはお二人にとって一生に一度の大事なセレモニーだから・・・
ついつい、打ち合わせなども時間をかけてしまい大変な時間と手間がかかるのです。
形式通り、段取り通り、、事務的に、、、という司会は私には出来ません。打ち合わせやお二人が納得して頂く事が一番大切。
ですから、ブライダル司会については”1日一組”しか、お受けすることは出来ません。
 ただし、もし、ご縁があって大切な記念日を控えて、このページを御覧頂いて、お役に立てる事があれば、その際は、もちろん、お二人の親友になった気持ちで精いっぱいお手伝い致します。このページをまずご一読頂いて、お気に召されましたら、メールにてご遠慮なくお問い合わせ下さい。
活動エリアは問いません。関西が中心ですが、関東・中部・中国・四国まで幅広く伺っています。それでは、ブライダルについて日頃心掛けている事をお話ししましょう。


~人前式への思い~
お二人にとっては、一生に一度の大切な記念日、中でも人前式は特別な物
人前式にも、お二人のなれそめからのお話をじっくり伺いながら
ご希望を形にしていきます。進行も一つづつオリジナルな物へプロデュースしていきます。次はこれこれ、そして今度はこれ・・・の様なただ進行だけを伝える。そう言う司会は、私には出来ません。
形式や順序はどうあれ、”式”はお二人にとって真心を誓い合う大切な儀式
一つ一つに意味があり、一つ一つが誓いです。
喜びを噛み締めながら、流れる時間に私は司会者として
いつも、お二人の為の、、、お二人だけのストーリーを盛り込んで専用の台本を作っています。
 元来、人前式はシンプルな構成なので司会者次第でイメージががらっと変わります。見つめあったり、誓いあったり、、、そんな間や空間、何げない仕草がいきいきと輝く為に、おめでとうの気持ちを言葉の花束にかえて、一輪づつブーケを作る様に進めるオリジナルセレモニーを心掛けています。それでも、あくまでもシンプルに、格好よくがモットーで、お二人のその時の実際の”自然な感情の流れ”を重視しています。溢れる喜びや心のさざ波をしっかりキャッチしながら、お二人の儀式を最高の思いでにしたい。それが、人前式への私の想いです。~ご結婚披露宴では~
喜び一杯の御披露宴では、がらっと装いをかえて,,,
お二人の”どのような御披露宴にしたいか”というご希望をもとに、お越し頂いた皆様への感謝の思いが届く様な、スムーズで且つメリハリのある御披露宴を心掛けています。
ご両家のご親族はもちろん、御披露宴ではお二人を中心に祝福して下さるお一人お一人が、第二の主役でもあります。お客さまの個性にスポットをあて、心と心のふれあいやリラックスして和やかなムードで、会場一杯に幸せが広がりお見え頂いたお客様に「今日の披露宴は本当に良かったよ」と、お二人に言って頂ける様なそんな進行を心掛けています。
お二人のご入場からご紹介、ご来賓の祝辞までは決して堅苦しく無く、けれど素敵な御披露宴の始まりに相応しく、キリッとまとます。
乾杯は、華やかに!晴れやかに!!ここからは思いきり楽しく過ごしましょう。そして、スピーチや歌、余興などはイベントさながらに!緊張される方も安心して下さい。フォローもきっちり入れて行きます。上手な言葉、上手い話し方なんて、気にしない!あなたの真心からの言葉が本当のプレゼント!そんな気持ちで、進めています。
そしてお色直しはファッションショーの様に、、、一生に一度の晴れの装い
幸せに輝く姿を皆様に御覧頂く事、それも幸せのお裾分けです!喜びに溢れてスポットライトを浴びて、幸せを噛み締めて下さい。
花束やご挨拶は、これからのお二人にとっても大切なけじめの儀式
普段は言えない事、言いたかったけど言えなかった思い。
言葉にかえればそのワンシーンが思い出のプレゼントになり、、、上手く言葉にならなくても、まなざしと溢れる涙だけでも素晴らしいメッセージ。
旅立ちは胸をはって、さわやかに晴れやかに!今日の喜びの余韻を残して
進める様に心掛けています。

心が奏でる言葉。私に出来る精一杯を親友になった気持ちで司会の言葉にかえて大切な日にプレゼントする。私にとってブライダルの司会は、大切なお仕事です。

スポンサーサイト
Category: ブライダル
Published on: Wed,  09 2005 13:10
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

- 2 Comments

masaki  

医療機関の事務長をしてます。人前で話しをする機会が多いので、参考になりました。ありがとうございます。

2010/08/18 (Wed) 00:21 | REPLY |   

山野克己  

そうかぁ

仕事として、なんか興味深いと思います、

2010/12/08 (Wed) 00:26 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。